1. HOME
  2. 海外ツアー
  3. 中米・南米・北米
  4. 極北イエローナイフ オーロラの聖地を楽しむ 5日間

海外ツアー
中米・南米・北米

極北イエローナイフ オーロラの聖地を楽しむ 5日間

キャラバンのカナダ・オーロラの旅。観賞のチャンスは3回、ホテル、観賞施設にもこだわっております!

イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (1)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (2)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (3)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (4)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (5)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (6)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (7)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (8)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (9)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (10)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (1)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (2)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (3)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (4)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (5)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (6)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (7)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (8)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (9)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (10)
previous arrow
next arrow
 
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (1)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (2)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (3)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (4)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (5)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (6)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (7)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (8)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (9)
イエローナイフにて弊社添乗員撮影 (10)
previous arrow
next arrow
出発地
成田空港
出発日
2023年2月19日(日)発~2月23日(木)帰国
旅行代金
428,000円

ツアーのポイント

①連泊でご案内します。

オーロラの観賞確率が高い事で知られるカナダのイエローナイフで連泊し、じっくりとオーロラ観賞をお楽しみいただきます。イエローナイフはオーロラを観賞する設備、施設は整っており、オーロラを観賞するチャンスは3回あり、かなりの高確率でオーロラをご覧いただけます。

②通常オプショナルツアーとなる観光を予め組み込んでいます。

オーロラは深夜の観賞となるため、敢えて翌日の午前中はごゆっくりお過ごしいただき、午後は通常オプショナルツアーとなるような市内観光などは予めツアーに組み込んでおり、現地にて追加で代金をお支払いいただくことはありません。

③新月に合わせた出発日です。

月明かりに影響を受けやすいオーロラの光ですが、新月前後ですと月の明かるさに影響されることなく、オーロラをご覧いただけます。

④もちろん観賞時に必要な防寒具は旅行代金に含まれております。

ツアー日程表

1日目

スケジュール 食事

18:05発 成田空港9:45着/午後発 バンクーバー午後着/夜発 カルガリー夜着 イエローナイフ

ご出発空港までスーツケース無料託送サービス

  • 夜、エアカナダにてバンクーバーへ向かいます。日付変更線を通過。午前、バンクーバー着後、入国審査。午後、航空機を乗り継ぎ、イエローナイフへ。深夜、○イエローナイフ郊外にあるオーロラ観賞施設へ。24:00~03:00 を目安にオーロラを観賞します。
  • 夜食に温まるスープやパン、コーヒー・紅茶・ホットチョコレート・日本茶などもご用意しています。(2~3日目もご用意しております)観賞後、ホテルへ。1日目の食事は機内食です。

【イエローナイフ:シャトー・ノヴァまたはクオリティイン&スイーツ 泊】

食事なし 食事なし 食事なし

2日目

スケジュール 食事

イエローナイフ滞在

  • 午前、自由行動。前日夜のオーロラ観賞の疲れをおとり下さい。午後、イエローナイフ市内観光。この地の人々の暮らしぶりを展示する○プリンスオブウェールズ博物館、▲州立法議事堂、▲オールドタウン(車窓)、▲インディアンビレッジ(車窓)、グレートスレイブ湖が凍結した氷の道▲アイスロードを見学します。夜、○イエローナイフ郊外でオーロラ観賞(21:00~01:30 が目安)

【イエローナイフ:シャトー・ノヴァまたはクオリティイン&スイーツ 泊】

食事なし 昼食付き 夕食付き

3日目

スケジュール 食事

イエローナイフ滞在

  • 午前、自由行動。前日夜のオーロラ観賞の疲れをおとり下さい。午後、○極北カナダ体験ツアーへご案内します。スノーシュー(かんじき)を履いて雪原を歩いたり、動物の足跡や北の大地での狩猟についてご案内します。夜、○イエローナイフ郊外でオーロラ観賞(21:00~01:30 が目安)

【イエローナイフ:シャトー・ノヴァまたはクオリティイン&スイーツ 泊】

食事なし 昼食付き 夕食付き

4日目

スケジュール 食事

朝発 イエローナイフ午前着/13:20発 バンクーバー

  • 午前、航空機にてカナダ都市を乗り継ぎバンクーバーへ。午後、エアカナダ直行便にて帰国の途へ。午後、エアカナダ直行便にて帰国の途へ。日付変更線を通過。昼食以降機内食のみ。

【機中泊】

食事なし 食事なし 食事なし

5日目

スケジュール 食事

16:20着 成田空港

ご出発空港までスーツケース無料託送サービス

  • 夕刻、成田空港着後、解散。
食事なし 食事なし 食事なし
  • 日程内○太字観光地は入場観光地、▲太字観光地は車窓または下車観光です。

その他旅行条件など

出発日旅行代金
2023年2月19日(日)発~2月23日(木)帰国428,000円

他のツアー日や詳細についてはパンフレットをご確認ください。

その他、下記の別途諸費用がかかります。
(1)1人部屋希望の際の追加料金:43,000円
(2)任意海外旅行傷害保険
(3)燃油サーチャージ(金額は変動することがございます)。燃油サーチャージ目安額:お一人様116,000円(基準日2022年9月)
(4)空港施設使用料 成田:2,660円
(5)国際観光旅客税:1,000円
(6)ETA代金:7カナダドル
(7)渡航手続き手数料:6,600円
(8)本邦内の交通費及び宿泊代
※ビジネスクラス、地方の空港から成田空港又は羽田空港までの国内線の手配を承ります。お気軽にお問い合わせ下さい。
※キャンペーン企画につき各種割引対象外商品(旅行券等含む)
発着地 成田空港
最小催行人数 8名
添乗員 成田より同行します。
食事 朝0回、昼2回、夕2回(機内食は含みません)
訪問国 カナダ
※査証は不要ですがカナダ入国のためETAの取得が必要。
※パスポート:カナダ出発予定日+1日以上の残存が必要です。
利用予定航空会社 エアカナダ

注意事項

  • 現地の空港税・出国税(日本円約5,500円相当)をご旅行代金に含んでおります。
  • オーロラは自然現象の為、ご覧いただけない場合もございます。
  • 移動の際のバス、観光やオーロラ観賞は他のお客様と混載となります。予めお含み置き下さい。
  • 2022年9月現在、最終目的地がカナダである航空便利用者は、渡航情報や連絡先、新型コロナウイルスの感染症状に関する情報を飛行機に搭乗する前にArriveCANに入力して提出することが義務付けられています。また、カナダ入国の際に ArriveCAN のレシートを入国審査官に提示する必要があります。
  • 新型コロナウイルスワクチンを3回接種済み、かつワクチン接種証明の取得できる方が参加条件となります。
  • 万が一現地にて新型コロナウイルス感染症に罹患したり、濃厚接触者となった際は、現地法令等に基づきその指示に従っていただきます。またこれに要する費用はお客様のご負担となります。費用をカバーできる海外旅行保険にご加入する事を強くお勧めしております。
  • 写真はイメージです。

海外旅行のお申込にあたって

新型コロナウイルスの影響を受け、長らく見合わせていた海外募集型企画旅行の募集を再開させていただくことになりました。渡航国の入国制限(各種手続き等)、新型コロナウイルスの流行状況、帰国に関わる日本の水際対策など、久しぶりの海外旅行のお申込みに際して少なからず不安をお感じのことと思いますが、皆様の安全と安心を第一に段階を踏んで再開してまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 尚、当面の間、下記の条件を満たすお客様に限定してお申込を受けさせていただきます。

■ワクチン3回以上接種が完了した方で、お住まいの自治体が発行する「英文のワクチン接種証明書」(書面版、電子版どちらでも可能です)の取得が可能な方。

■新型コロナウイルス感染症に対する補償が組み込まれた「海外旅行傷害保険」に必ずご加入ください。現地で新型コロナウイルスに罹患して延泊などが必要になった場合、従来の海外旅行傷害保険で宿泊費用や帰国の為の航空券代が補償されます(渡航国によっては加入が義務づけられている場合もあります)。

■日本帰国の際、渡航先から出国する72時間前以内に実施されたPCR検査の陰性証明が日本国政府規定書面で必要になります。必要事項を弊社で記入した書面を準備し、行程の中で現地医療機関へご案内します。検査費用及び陰性証明の発行費用(国により5千円~2万円程度)は現地にて実費をお支払ください(ツアーによっては旅行代金に含めている場合がありますので、該当ツアーのパンフレットをご確認ください)。 ⇒令和4年9月7日より日本政府指定のワクチンを3回以上接種し、且つ接種証明書を所持する者は不要になりました。

※日本帰国の際、ご自宅や指定の宿泊施設等で待機が必要な国から入国する場合を除き、スマートフォンは必携ではなくなりました。スマートフォンをお持ちの方で、事前にアプリケーションのインストール及びデータの登録をすると一部の手続きが簡略化されます(ファストトラック)が、それらをせずに帰国しても入国手続き終了までの時間差は現状殆どありません。尚、渡航先によってはスマートフォンが必携になる場合がありますので、お申込時にご確認ください。

※渡航先の入国要件、帰国時の日本の水際対策は流動的ですので、お申込時に再度ご確認ください。

今後のツアー

CH >