1. HOME
  2. 国内ツアー
  3. 北海道
  4. オホーツクの流氷とタンチョウ舞う北の大地の旅 4日間

国内ツアー
北海道

オホーツクの流氷とタンチョウ舞う北の大地の旅 4日間

網走流氷観光砕氷船おーろら(イメージ)
おーろら号船上より望む流氷帯(2022年2月弊社添乗員撮影)
おーろら号船尾より見る流氷帯と網走港方面(2022年2月弊社添乗員撮影)
釧路市湿原展望台・サテライト展望台より望む冬の釧路湿原(イメージ)
阿寒国際ツルセンターのタンチョウ(イメージ)
北の大地を舞うタンチョウ(イメージ)
タンチョウの求愛ダンス(イメージ)
冬の摩周湖(イメージ)
オホーツク流氷館で出会える流氷の天使「クリオネ」(イメージ)
網走監獄博物館(イメージ)
流氷を眼下に望む能取岬の灯台(イメージ)
網走流氷観光砕氷船おーろら(イメージ)
おーろら号船上より望む流氷帯(2022年2月弊社添乗員撮影)
おーろら号船尾より見る流氷帯と網走港方面(2022年2月弊社添乗員撮影)
釧路市湿原展望台・サテライト展望台より望む冬の釧路湿原(イメージ)
阿寒国際ツルセンターのタンチョウ(イメージ)
北の大地を舞うタンチョウ(イメージ)
タンチョウの求愛ダンス(イメージ)
冬の摩周湖(イメージ)
オホーツク流氷館で出会える流氷の天使「クリオネ」(イメージ)
網走監獄博物館(イメージ)
流氷を眼下に望む能取岬の灯台(イメージ)
previous arrow
next arrow
 
網走流氷観光砕氷船おーろら(イメージ)
おーろら号船上より望む流氷帯(2022年2月弊社添乗員撮影)
おーろら号船尾より見る流氷帯と網走港方面(2022年2月弊社添乗員撮影)
釧路市湿原展望台・サテライト展望台より望む冬の釧路湿原(イメージ)
阿寒国際ツルセンターのタンチョウ(イメージ)
北の大地を舞うタンチョウ(イメージ)
タンチョウの求愛ダンス(イメージ)
冬の摩周湖(イメージ)
オホーツク流氷館で出会える流氷の天使「クリオネ」(イメージ)
網走監獄博物館(イメージ)
流氷を眼下に望む能取岬の灯台(イメージ)
previous arrow
next arrow
出発地
羽田空港
出発日
2023年2月13日(月)発~2月16日(木)着
旅行代金
215,000円

ツアーのポイント

流氷は中国とロシアの国境を流れるアムール川(黒龍江)の真水がオホーツクの海水と混じり氷結し、南下するにつれて大きくなって、毎年1月下旬から3月初旬にかけて北海道オホーツク海岸沿いに移動してきます。流氷は常に移動していますので、風向きによっては海岸から遠ざかってしまい、陸からはもちろん、砕氷船でも流氷帯まで届かずご覧いただけないこともありますが、砕氷船が出航する網走に2泊することで流氷クルーズのチャンスを増やす日程としています。利用する砕氷船は大型船で揺れも少なく安心してクルーズをお楽しみいただけることでしょう。また、もう一つの冬の道東の風物詩として毎年11月から3月に多く見られる特別天然記念物の「タンチョウ」を、阿寒国際ツルセンター及び鶴居村で観察します。2月中旬頃は「求愛ダンス」のシーズンです。
  • ホテル網走湖荘外観(イメージ)

    ホテル網走湖荘外観(イメージ)

  • ホテル網走湖荘和洋室の一例

    ホテル網走湖荘和洋室の一例

  • ホテル網走湖荘大浴場(イメージ)

    ホテル網走湖荘大浴場(イメージ)

  • ホテル網走湖荘和食会席膳の夕食(イメージ)

    ホテル網走湖荘和食会席膳の夕食(イメージ)

ツアー日程表

1日目

スケジュール食事

12:15発 羽田空港13:55着 たんちょう釧路空港釧路

  • 航空機にて、たんちょう釧路空港へ。着後、専用車にて釧路湿原の東側に位置する▲細岡展望台にご案内し、冬の釧路湿原を眺めます。その後、釧路市内へ。

【釧路:釧路プリンスホテル(バス、トイレ付き洋室) 泊】

食事なし 食事なし 夕食付き

2日目

スケジュール食事

午前発 釧路鶴居村摩周湖午後着 網走

  • 朝食後、専用車にて特別天然記念物「タンチョウ」の生態や飼育の様子がご覧いただける○阿寒国際ツルセンターを見学。その後、釧路湿原に囲まれた小さな村・鶴居村へ。着後、村の周辺で野生のタンチョウを観察します。
  • 昼食は丘の上のオーベルジュ「ハートンツリー」にて地元の食材をたっぷり使ったお料理をどうぞ。
  • 昼食後、網走へ向かいます。途中、▲摩周湖第1展望台に立ち寄り冬の摩周湖を眺めます。
  • 夕食はお宿にて和食会席膳をどうぞ。

【網走湖温泉郷:ホテル網走湖荘(バス、トイレ付き和洋室) 泊】

朝食付き 昼食付き 夕食付き

3日目

スケジュール食事

網走滞在 【流氷クルーズ】

  • 朝食後、網走港へ。船体を氷塊の上に載せ船の重さで砕氷して進む大型流氷砕氷船「おーろら号」に乗船し○流氷クルーズを楽しみます(約1時間)。その後、「流氷の天使」と呼ばれるクリオネと出会える○オホーツク流氷館を見学。昼食後、○網走監獄博物館を見学し、流氷の名所として知られる▲能取岬へご案内します。
  • 夕食はお宿にて和食会席膳をどうぞ(前日とメニューを変えてご提供します)。

【網走湖温泉郷:ホテル網走湖荘(バス、トイレ付き和洋室) 泊】

朝食付き 昼食付き 夕食付き

4日目

スケジュール食事

網走15:00発 女満別空港17:00着 羽田空港

  • 朝食後、出発までゆっくりお過ごしください。※流氷クルーズ予備時間です。前日に流氷クルーズが出航した場合、北方民族博物館、JR北浜駅などにご案内します。
  • 昼食は「寿司会席」をどうぞ。
  • 昼食後、女満別空港へ。航空機にて羽田空港へ向かいます。
朝食付き 昼食付き 食事なし
  • 日程内○太字観光地は入場観光、▲太字観光地は下車、車窓観光となります。

その他旅行条件など

出発日旅行代金
2023年2月13日(月)発~2月16日(木)着215,000円

他のツアー日や詳細についてはパンフレットをご確認ください。

その他、下記の別途諸費用がかかります。
(1)1人部屋希望の際の追加料金:34,000円(上記は、2名1室利用の大人お一人様の料金です。)
(2)任意国内旅行傷害保険料
発着地羽田空港
最小催行人数8名
添乗員羽田から羽田まで同行
食事朝3回、昼3回、夕3回
訪問地北海道
宿泊予定ホテル【釧路】釧路プリンスホテル(バス、トイレ付き洋室)
【網走湖温泉郷】ホテル網走湖荘(バス、トイレ付き和洋室)
利用予定航空会社日本航空または全日空またはAIR DO
利用予定バス会社網走バスまたは同等クラス

注意事項

  • 現地合流、離団は申込み時にお申し出下さい。
  • 砕氷船は強風などの悪天候の場合、欠航することがあります。4日目に予備時間を設けておりますが両日ともに欠航した場合は代替の観光地へご案内させていただき、入場料と船代の差額をご返金します。尚、流氷帯に届かない場合は能取岬までの遊覧として運行しますので、その際の返金はございませんので予めご了承ください。
  • 2月はタンチョウの求愛ダンスのシーズンですが、必ず見られることをお約束するものではありません。
  • 流氷は例年1月下旬から3月上旬に観測されますが、温暖化の影響により年々観測期間が短くなっています。自然現象のため、必ず観測できることをお約束するものではありません。
  • 掲載の写真は全てイメージです。

今後のツアー

CH >