ホーム>ツアーを探す>国内>紅葉の耶馬渓 湯布院と国東半島の旅 4日間

【ゆとりのらくたび】
紅葉の耶馬渓 湯布院と国東半島の旅 4日間

羽田発着 8名様~最大15名様少人数でゆとりの日程
現地合流も可能。3名様 4名様のご参加も歓迎

紅葉の時期の耶馬渓
紅葉の時期の耶馬渓
国宝 冨貴寺大堂
国宝 冨貴寺大堂

■ツアーのポイント■

紅葉の時期に訪れる耶馬渓 湯布院
1300年の歴史を誇る国東半島。両子山山麓に広がる6つの郷「六郷」に築かれた寺院群の総称が六郷満山といい、神仏習合の発祥の地と言われています。見ごたえのある寺院群、仏像の数々をご覧いただけます。
11月中旬は紅葉の名所・耶馬渓周辺が色づく時期。おんせん県大分らしい2か所のお宿でゆっくり温泉に入り、毎回好評の地元の食材を使った美味しいお食事をお楽しみ下さい。
おんせん県大分
天然自噴の真玉温泉に2泊。湯布院では開放感ある展望露天風呂大浴場で知られる秀峰館に1泊。毎回好評です。
このページのトップへ

■予定日程表■

●印は入場観光 ▲印は車窓または下車観光
  内容 食事
1 羽田(9:45発)~大分(11:30着)~国東半島~真玉温泉

航空機で大分空港へ。昼食後、神仏習合発祥の地・国東半島の観光。六郷満山の総持院の●両子寺、三人寄れば文殊の知恵の言葉の発祥地▲文殊仙寺、▲粟嶋神社、▲真玉海岸見学。
※昼食は大分B級グルメ準グランプリの「たち重御膳」です。
※お泊りは、六郷、真玉温泉の山翠荘に2連泊します。
【六郷 真玉温泉 泊】六郷 真玉温泉 2連泊
朝:×
昼:○
夕:○
2 真玉温泉滞在

終日、宇佐・国東半島に独自の文化が栄えた六郷満山ゆかりの地を巡ります。天台宗の●長安寺、不動明王の石仏のある▲天念寺・川中不動尊、●歴史資料館・鬼会の里、現存する九州最古の木造建築で国宝の●冨貴寺大堂、●真木大堂、▲世界農業遺産の郷・田染荘(だしぶのしょう)、日本最大級のスケールを誇る●熊野磨崖仏を見学。
※昼食はだんご汁など地元の田舎料理。
【六郷 真玉温泉 泊】六郷 真玉温泉 2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
3 真玉温泉~宇佐~耶馬渓~湯布院

専用バスで宇佐へ。国宝の社▲宇佐神宮、●東光寺五百羅漢、●中津城と城下町散策。紅葉の名所・耶馬溪へ。着後、昼食。昼食後、▲青ノ洞門や●羅漢寺(リフト利用)、深耶馬渓など紅葉の風景を見学。見学後、湯布院へ。
※お泊りは由布岳を展望できる大浴場のある「秀峰館」に宿泊です。
【湯布院 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
4 別府~杵築~大分空港(夕刻発)~羽田(18:30ころ着)

午前、▲金鱗湖や湯の坪街道・横丁、フローラルビレッジなど見学。その後専用バスで小京都といわれる杵築へ。杵築着後昼食。▲杵築の城下町(酢屋の坂、商人町など)の見学。見学後、空港へ。航空機で羽田空港へ。
朝:○
昼:○
夕:×

※航空機の運行スケジュール変更などにより、日程が変わる場合があります。
※紅葉は毎年の見頃の時期に設定していますが、その年の気候により見頃でない時もあります。
※バスは中型を予定しています。最終人数により小型の場合もあります。
※熊野磨崖仏は99段の急な階段があります。

このページのトップへ

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況 催行状況についての説明はこちらへ
2019年11月17日(日)発~11月20日(水)着 168,000円 催行決定間近

 

このページのトップへ

■その他費用■

・別途諸費用
(1)1人部屋希望の際の追加料金:22,000円
(2)任意国内旅行傷害保険料
このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 羽田
募集人員 最大15名様(最少催行人員:8名 )
添乗員 1日目の羽田空港から4日目の羽田空港まで同行
訪問国・地(都市) 大分県
お得な制度の適用  
その他 ※バス:富山地鉄株式会社など
※今回は特に食にこだわったコースです。寒ブリやカニなど新鮮な食材をご用意しましたが、アレルギーなどございましたら、ご相談下さい
このページのトップへ

■宿泊予定ホテル■

【六郷 真玉温泉】山翆荘
【湯布院】秀峰館

※お部屋は基本和室(トイレ付)、1室2名様利用。お一人部屋利用の場合も同様のお部屋タイプ。3、4名様でご参加希望の方はお問い合わせ下さい。
このページのトップへ

■食事■

朝3回 昼4回 夕3回(機内食は食事に含みません)

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社キャラバントラベル
〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141 【ファックス】03-3543-4198

【営業時間】 9時30分~18時30分 (土曜日・日曜日・祝日および年末年始は休業となります)

お問合せの入力フォームへお電話でのお問合せ フリーダイヤル 東日本からは0120-813-419 西日本からは0120-813-770へ 営業時間は平日9時30分~18時30分です
(※掲載した写真はすべてイメージとなります。)
このページのトップへ