ホーム>ツアーを探す>国内>九州の真ん中 天領日田・小鹿田焼の里・くじゅう高原・黒川温泉の旅 4日間

【ゆとりのらくたび】
九州の真ん中 天領日田・小鹿田焼の里・くじゅう高原・黒川温泉の旅 4日間

羽田発着 8名様~最大15名様少人数でゆとりの日程
現地合流可。ユネスコ無形遺産の日田の祇園祭も見学(7月27日発)

(※掲載した写真は、すべてイメージとなります。写真協力:(公社)ツーリズムおおいた)
ユネスコ無形遺産登録 日田 祇園祭
ユネスコ無形遺産登録 日田 祇園祭
くじゅう花公園
くじゅう花公園

■ツアーのポイント■

日田・玖珠・九重・黒川温泉を巡る旅
江戸時代九州随一の繁栄を極めた天領・日田。豆田の街並み、夏の風物詩の屋形船と鵜飼いの技そして日田祇園祭を見学します。またあまり訪れない玖珠[くす]や九重[ここのえ]、くじゅう連山を見た後は、九州・熊本きっての名湯・黒川温泉に宿泊し旅の疲れを癒していただきます。今話題の日本一の高さを誇る九重夢大吊橋、お茶のCMで知られる鍋ヶ滝、ケイトウ、ラベンダーなど咲き乱れるくじゅう花公園にもご案内します。豪華絢爛な山鉾が巡行する日田祇園祭りも楽しめます。
このページのトップへ

■予定日程表■

●印は入場観光 ▲印は車窓または下車観光
  内容 食事
1 羽田(朝または午前発)~福岡(午前または午後着)~日田

航空機で福岡空港へ。専用バスで大宰府へ。昼食と●大宰府天満宮の見学。その後、大分県の西部の水郷・日田へ。途中、朝倉で▲三連水車見学。
※お泊りは、三隅川のほとりに佇むひなの里 山陽館に2連泊。
※夕食は、屋形船で提灯、鵜飼いの技、街灯りを見ながらのお食事をご用意しました。
【日田 泊】日田2連泊
朝:×
昼:○
夕:○
2 日田滞在

終日、日田と日田郊外の観光。江戸時代中期に開窯した▲「小鹿田[おんた]焼」の里(陶芸館や窯など)見学。近世日本最大の私塾・日本遺産の●咸宜園跡、江戸時代幕府直轄の城下町として栄えた往時を偲ばせる街並み●豆田町の散策。(廣瀬資料館、日本丸館など)●慈眼山永興寺(8体の仏像)見学。夕食後、ユネスコ無形遺産(※1)の日田祇園祭の見学。
【日田 泊】日田2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
3 日田~玖珠~九重~黒川温泉

専用バスでくじゅう連山の九重へ。途中、▲高塚愛宕地蔵、玖珠で●豊後森機関庫を見学。昼食後、話題の天空の散歩道●九重夢大橋を見学。南に阿蘇五岳、北にくじゅう連山を望む▲瀬の本高原を経由し、お茶のCMで有名な裏見の滝・●鍋ヶ滝見学。
※お泊りは黒川温泉郷の「優彩」に宿泊。
【黒川温泉 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
4 黒川温泉~豊後大野~大分空港(夕刻発)~羽田(18:30ころ着)

午前、この時期はケイトウの花が咲く●くじゅう花公園見学。その後、竹田の▲普光寺磨崖仏、豊後大野の日本の滝100選の▲原尻の滝見学。昼食後、大分空港へ。途中、別府に立ち寄り●地獄巡り(海地獄)の見学。
夕刻、航空機で羽田へ。
朝:○
昼:○
夕:×

※航空機の運行スケジュール変更などにより、日程が変わる場合があります。
※祇園祭は2019年1月末現在、7月27日(土)28日(日)の予定です。7月19日発は祇園祭の代わりに祇園山鉾会館で祭りで使われる山鉾などご覧いただきます。またスケジュールが正式に決定後、見学の時間や順番など最終日程表でご案内します。
※バスは25席前後の中型バスを利用します。

このページのトップへ

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況 催行状況についての説明はこちらへ
2019年7月19日(金)発~7月22日(月)着 175,000円  
2019年7月27日(土)発~7月30日(火)着
【日田祇園祭】
188,000円 催行決定

 

このページのトップへ

■その他費用■

・別途諸費用
(1)1人部屋希望の際の追加料金:28,000円
(2)任意国内旅行傷害保険料
このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 羽田
募集人員 最大15名様(最少催行人員:8名 )
添乗員 1日目の羽田より4日目の羽田まで同行
訪問国・地(都市) 福岡県・大分県・熊本県
お得な制度の適用  
その他 ※バス:大分交通バスなど利用予定
このページのトップへ

■宿泊予定ホテル■

【日田】ひなの里 山陽館
【黒川温泉】優彩

※お部屋は基本和室(トイレ付)、1室2名様利用。お一人部屋利用の場合も同様のお部屋タイプ。
このページのトップへ

■食事■

朝3回 昼4回 夕3回(機内食は食事に含みません)

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社キャラバントラベル
〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141 【ファックス】03-3543-4198

【営業時間】 9時30分~18時30分 (土曜日・日曜日・祝日および年末年始は休業となります)

お問合せの入力フォームへお電話でのお問合せ フリーダイヤル 東日本からは0120-813-419 西日本からは0120-813-770へ 営業時間は平日9時30分~18時30分です
このページのトップへ