ホーム>ツアーを探す>南アジア>モヘンジョダロ、ハラッパーと南パキスタン世界遺産の旅 9日間

モヘンジョダロ、ハラッパーと南パキスタン世界遺産の旅 9日間 早割60対象

世界四大文明の一つ『インダス文明』の謎多き古代都市・モヘンジョダロ、ハラッパーとインド亜大陸を支配したムガール帝国の巨大イスラム建築、ガンダーラ美術とみどころ盛りだくさん

(※掲載した写真はすべてイメージとなります。)
インダス文明の代表的な都市遺跡・モヘンジョダロ
インダス文明の代表的な都市遺跡・モヘンジョダロ
ウチュ:ビービージャヴィンディのダルガー
ウチュ:ビービージャヴィンディのダルガー

■ツアーのポイント■

インダス文明は現在のパキスタンを中心にインダス川周辺に栄えた文明で世界四大文明の一角を占めており、現在南インドを中心に暮らしているドラヴィダ人によるものと推定(確定ではありません)され、栄えたのは紀元前2600年から紀元前1900年の間(異説あり)と言われています。現在のインダス川流域は砂漠地帯となっており、砂漠化に伴って都市が放棄され住民は移住したと考えられています。インダス文明は、鉄は無く青銅器を使用した点、大小の都市が建設された点が特徴として挙げられますが、世界最古の可能性が捨てきれない点、文字が未解読である点、階級差が見当たらない点、神殿が未発見であることなど多くの謎が残されています。そのインダス文明を代表する遺跡がモヘンジョダロとハラッパーです。とりわけモヘンジョダロは「死者の丘」を意味するその名もさることながら、現代にも通用するその都市計画や整然とした街並など、その文明とともに限りなく謎に満ちた遺跡と言えるでしょう。またインドのタージ・マハールで有名なムガール王朝5代皇帝シャー・ジャハーンが手掛けたインド・イスラム文化最盛期の建築物も残っており、パキスタン南部の旅の魅力は尽きません。
このページのトップへ

■予定日程表■

●印は入場観光 ▲印は車窓または下車観光
  内容 食事
1 成田(11:45発)~バンコク~カラチ(22:25着)
関西(11:00発)~バンコク~カラチ(22:25着)
中部【名古屋】(11:00発)~バンコク~カラチ(22:25着)
=ご出発空港までスーツケース無料託送サービス=
タイ国際航空にてバンコク乗り継ぎ、カラチへ向かいます。カラチ着後、市内のホテルへ。           
【カラチ 泊】
朝:×
昼:機内食
夕:機内食
2 カラチ(午前発)~タッター~ハイデラバード(夕刻着)

朝食後、「神官像」などのモヘンジョダロから出土した品やガンダーラの美術品を展示する●国立博物館、郊外の●チャウクンディの墳墓群を見学。見学後、専用バスにてインダス河畔の古都タッターへ。「タッターの文化財」として【世界遺産】に登録された●シャー・ジャハーン・モスクなどのイスラム建築群と●マクリーの墳墓群を見学。その後、引き続き専用バスにてハイダラバードへ向かいます。
【ハイデラバード 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
3 ハイデラバード(午前発)~コートディジー~サッカル(夕刻着)

専用バスにて、コートディジーへ。着後、19世紀初頭に築かれた▲コートディジー城と▲インダス文明前期の都市遺跡を見学。見学後、引き続きモヘンジョダロの観光拠点となるサッカルへ。
【サッカル 泊】サッカル 2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
4 サッカル(午前発)~モヘンジョ・ダロ~サッカル(夕刻着)

専用バスにて、四大文明の一つインダス文明の古代都市遺跡【世界遺産】●モヘンジョダロの日帰り観光。同サイズの焼き煉瓦を大量に使い高度な都市計画を基に造られた街は、未だに15%程しか発掘されていない広大なものです。
【サッカル 泊】サッカル 2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
5 サッカル(午前発)~ウチュ~ムルタン(夕刻着)

専用バスにて、パンジャブ州中部の古都・ムルタンへ向かいます。途中、イスラム教聖地の一つウチュに立ち寄り、洪水で半分崩壊したイスラム聖者廟▲ビービー・ジャヴィンディーのダルガーを見学。
【ムルタン 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
6 ムルタン(午前発)~ハラッパー~ラホール(夕刻着)

朝食後、「世界の柱」を意味するイスラム聖者廟▲シャー・ルクネ・アラムを見学。その後、専用バスにてラホールへ向かいます。途中、インダス文明の都市遺跡●ハラッパーを見学します。ラホール着後、ホテルへ。
【ラホール 泊】ラホール 2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
7 ラホール滞在

朝食後、ガンダーラ美術の代表作「断食する仏陀像」などの展示で有名な●ラホール博物館、世界最大規模のイスラム建築●バドシャヒ・モスク、ムガール帝国歴代の皇帝が建造した【世界遺産】●ラホール城と●シャリマール庭園を見学。
夕刻、パキスタンとインドの国境ワガーにてフラッグセレモニーをご覧いただきます。
【ラホール 泊】ラホール 2連泊
朝:○
昼:○
夕:○
8 ラホール(午前発)~イスラマバード(23:30発)~

専用バスにて、イスラマバードへ。途中、ムガール朝より一時的に王位を奪ったスール朝の巨大な城砦【世界遺産】●ロータス・フォートを見学します。
※夕食は中華料理をご用意しました。
夕食後、タイ国際航空にてバンコクへ。
【機中 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
9 バンコク~成田(15:50着)
バンコク~関西(15:45着)
バンコク~中部【名古屋】(18:10着)

バンコク着後、航空機を乗り継ぎ帰国の途へ。
=ご自宅までスーツケース無料託送サービス=
朝:機内食
昼:機内食
夕:×
※航空機の運航スケジュール等により日程が変わる場合があります。
※マイクロバスを利用しますので、バスの座席はお一人様2席のスペースをご利用いただけませんので、予めご了承ください。
このページのトップへ

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況 催行状況についての説明はこちらへ
2017年12月13日(水)発~12月21日(木)着 338,000円  
2018年1月17日(水)発~1月25日(木)着 338,000円  
2018年3月14日(水)発~3月22日(木)着 348,000円  

※ビジネスクラス、プレミアムエコノミークラス、地方発着ご希望の方はお問い合わせください。

このページのトップへ

■その他費用■

・別途諸費用
(1)1人部屋希望の際の追加料金:58,000円
(2)空港使用料:【成田(保安料含む)】2,610円
(3)任意海外旅行傷害保険料
(4)本邦内の交通費および宿泊代
(5)燃油サーチャージ:目安額お一人様0円
(6)パキスタン査証申請料:100円
(7)査証取得手続手数料:6,480円
※空港諸税、燃油サーチャージは、2017年8月現在のものです。変更になる場合がありますのであらかじめご了承下さい。
このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 成田
(関西・中部【名古屋】空港発着可。ただし差額が生じる場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい)
航空会社 タイ国際航空
募集人員 最大15名様(最少催行人員:10名様 )
添乗員 成田から同行します
訪問国・地(都市) パキスタン
お得な制度の適用 適用
パスポート有効残存期間 入国日から6ヶ月以上
※旅券査証欄に未使用の見開き2頁以上が必要
査証(ビザ) 必要
※写真2枚(4.5cm×3.5cm、6ヶ月以内撮影、脱帽、無背景)
その他 ※空港税:約10,000円相当をご旅行代金に含んでおります。

=ご注意= 
当ツアーで訪れる地域は2017年8月現在、外務省より「不要不急の渡航はやめてください(レベル2)」の危険情報が発出されております。現時点でツアーの実施に問題はないとの判断により発表しておりますが、今後突然の情勢変化などにより日程変更やツアーの実施を取り止めることがありますので予めお含みおきください。尚、危険情報の内容につきましては、外務省海外安全ホームページをご覧いただくか、弊社までお問い合わせください。
このページのトップへ

■宿泊予定ホテル■

【カラチ】メヘランまたはリージェントプラザ
【ハイデラバード】インダスまたはファランまたはシティゲート
【サッカル】インターパックインまたはフォーラムイン
【ムルタン】ラマダまたはシンドバッドまたはホテル・ワン
【ラホール】ホスピタリティ・インまたはベストウェスタン

※各地のホテルは原則としてバスタブを備えておらず、シャワーのみとなります。また、サッカルのホテルは都市部のホテルと比較して設備が劣ります。
このページのトップへ

■食事■

朝7回 昼7回 夕7回(機内食は食事に含みません)

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社キャラバントラベル
〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141 【ファックス】03-3543-4198

【営業時間】 9時30分~18時30分 (土曜日・日曜日・祝日および年末年始は休業となります)

お問合せの入力フォームへ お電話でのお問合せ フリーダイヤル 東日本からは0120-813-419 西日本からは0120-813-770へ 営業時間は平日9時30分~18時30分です
このページのトップへ