ホーム>特集>【特集】ホイアン ~ランタンの灯りに魅せられて~
(※掲載した写真はすべてイメージとなります。)
特集 「ホイアン ~ランタンの灯りに魅せられて~」
ベトナムの旅行特集などは最近テレビでもよく目にする。昔からベトナムは日本人にもとても人気の観光地だ。勿論、世界的にも人気のある場所で、特にその中でも中部の古都「ホイアン」は欧米をはじめとする観光客の人々でいつもにぎわっている。

このホイアンは私のお気に入りの場所でもある。400年の歴史を持つこの場所は街を歩くだけでもとても趣がある。昔ながらの建物をそのまま利用した、民芸品やお土産を売るお店、生活雑貨等を売るお店、シクロ(自転車タクシー)もここホイアンでは名物だ。

街のそばには小さい川も流れており、雰囲気のよいカフェの軒先ではベトナムコーヒーを飲みながら寛ぐ人達を見かける。

日中の雰囲気も良いのだが、ホイアンの街の趣が最高潮に達するのが夜である。

それは「ランタン」があるからだ。夜になると各家、店々の軒先のランタンに燈が灯りはじめ、それはそれはとても幻想的な雰囲気を醸し出す。異国情緒とは正にこの事だろう。ランタン祭りの時期は人があふれ活気も溢れる。夜になると街中では火のついたロウソクを真ん中の台座に置いた、紙でできたランタンを売る売り子さんたちがおり、日本で言う所の灯籠流しの様なものも体験できるので機会があれば試してみるのも一興だ。TVや雑誌などで見るのと、実際に現地で自分で体験するのは全然違う。よくも悪くも想像と現実は違う。当たり前だが、何事も実際に自分の目で、肌で感じるものに勝るものはないのだ。私自身も最近この事を改めて実感する事が多い。

そして、ベトナムのランタンに関してだが、様々な種類がある。紙と竹で出来たもの、針金で型取り布を張ったもの、そして中に電球を取り付けたもの。布で出来たものは模様などが入っている物もあり、作りがきめ細かやかだ。大きさも様々で掌にちょこんと乗るミニサイズのものもあれば人の顔くらいの大きさのものまである。色も勿論たくさんあり、赤、青、黄色、紫、水色、白‥などなど。昼間でもきれいだが、夜には光る事でその本領を如何なく発揮し幻想的な気分に誘う。

あくまでも目安だが、小さいものだと20000VNDドン(日本円で100円位)から買う事が出来る。大きいものはそれに準じて値段が上がっていく。ここでひとつ注意したいのが、夜の街に飾ってあるランタンは基本的にみな光っているので、買ったものもすぐ光る‥かと言うとそうではない所だ。電球は自分で合うサイズの物を買って、後から自分で取り付けるタイプの物がほとんどだ。光ってなくとも部屋にひとつ飾るだけでも雰囲気がある。サイズも先述した通り小さいものから大きいものまであるのでお土産にも良い。そしてホイアンで毎月開催されるランタン祭り(旧暦の14日)は、このランタンたちの最高の宴とも言えるだろう。この幻想的な雰囲気に酔いしれる為だけに、ホイアンを訪れる価値がある、と言っても過言ではない‥そんな気持ちなるモノが確かにランタン祭りにはある。

みなさんもこの機会にご自身でこのホイアン、ベトナムを体感しに出かけてみてはいかがだろうか? それはきっと“想像以上”の経験になると思うからだ。
【檀上】
RAKUDA通信~
【ベトナム縦断の旅・関連ブログ】 1
【ベトナム縦断の旅・関連ブログ】 2
【ベトナム縦断の旅・関連ブログ】 3

条件からツアーを探す

このページのトップへ