ホーム>特集>特集 世界三大ワイルドフラワーの聖地 カリフォルニア アンテロープバレー
(※掲載した写真はすべてイメージとなります。)世界三大ワイルドフラワーの聖地 カリフォルニア アンテロープバレー


南アフリカのナマクワランド、西オーストラリアのパース、そして今回ご紹介するカリフォルニアのアンテロープバレーを加えて世界三大ワイルドフラワーの聖地(諸説あり)と呼ばれています。

アンテロープバレーはどこにあるのでしょうか。

アメリカ西海岸、ロサンゼルスの北東ランキャスターという街の郊外にアンテロープバレーは位置しています。
春、一瞬だけ現れる花の楽園
カリフォルニアポピー、和名ハナビシソウは、カリフォルニア州の州花になっています。3月末からカリフォルニアの海岸線から内陸に向けて徐々に広がり、4月中旬になると、カリフォルニアポピーのオレンジ色があたり一面を覆い尽くします。他にもハルシャギクルピナスなどもご覧いただけます。規模は東京ドーム約152個分といわれ、一帯には傾斜と距離が異なる11のトレイルが整備されています。
この時期アンテロープバレーだけでなく南カルフォルニアには様々な場所でお花を見ることができます。一般的な観光ではなく、お花をテーマにご案内する日程となっています。

開花状況は、冬の降雨量に大きく左右されるため予測が難しいのですが、ここ数年の開花状況を加味して出発日を決めました。滅多にない特別なツアーですのでぜひご参加お待ちしております。
アンテロープバレーのカリフォルニアポピー(イメージ)
アンテロープバレーのカリフォルニアポピー(イメージ)
他のみどころは?
カールスバットのフラワーフィールドはサンディエゴの手前にあります。ここは春になると巨大な花畑が出現し、様々な色のラナンキュロスの花々が咲き乱れます。あまりにも広大なので今回はワゴンに乗って上から見ながらご案内します。

鉄道事業で財をなしたヘンリーハンティントン氏の庭園ハンティントンライブラリーには、日本庭園や砂漠地帯の植物、バラ園が有名です。またロサンゼルスの花見の名所として知られるディスカンソーガーデンも、この時期はチューリップやバラ、その他多くのお花が咲いています。

全米最大ともいわれる砂漠公園のアンザ・ボレゴ砂漠州立公園はあまり知られていませんが、2、3月のお気象条件により4月に入ると砂漠の中に黄色いお花やサボテンの花などご覧いただけます。

ハンティントンライブラリー内の庭園

ディスカンソーガーデンの庭園

カールスバットフラワーフィールド
このページのトップへ