ホーム>特集>特集 エジプト
(※掲載した写真はすべてイメージとなります。)
ベルビューリゾート

【エジプトに行った事はありますか?】
私事で恐縮ですが、私の祖父は68歳の時にひとりでエジプトに旅に行っていました。

当時小さかった私はその時は何も感じていませんでしたが、ふと気付くと物心ついた頃からピラミッドやスフィンクス、ミイラや壁画など“エジプト”に関するものに興味をもっていました。

大英博物館に行ってもエジプトコーナーに何時間もいたり、ルーブル美術館でもミイラの棺桶ばかり見たりと…今思い返すと祖父の影響があったのかもしれません。

そんな私はまだエジプトに行った事はないです。

ですが、人生で必ず訪れてみたい場所だととても強く思っています。
そしてある意味世界で1番有名な建築物のひとつのピラミッド は“エジプトに存在する”と言う事は誰もが知る周知の事実と言っても過言ではないと思います。

日本でもエジプト展などは開催される度に大変盛況で、エジプトへの関心の大きさを改めて認識できます。 そんな誰もが知り関心が高いエジプトに “今こそ訪れてみませんか?”

エジプトは情勢が変わりやすい国と言う事は確かにありますが、現在は情勢も落ち着き旅行に関しても現地も徹底した安全対策を講じているとの事です。

だからこそ行ける時の“今”に、皆様に訪れて頂きたいと思います。

何事も、できる時にした方が良い!と言うのは旅だけではなく人生にも通ずると思います。

初めての方も、そして再訪の方もこの機会に是非エジプトの旅をご検討ください!!!

(檀上)

ピラミッド

スフィンクス
【クルーズ船で巡るエジプトの魅力】
【クルーズで巡る,ということ】

世界で最も有名な遺跡に数えられる、ギザのピラミッドやスフィンクス、王家の谷などのあるエジプトは、数々の見どころにあふれています。

そんなエジプトの見所を豪華客船に乗りながら、ゆったりと、そしてまた船から降りてじっくりと… どちらの側面からも見られるのはまさに“クルーズ船ならではの魅力”と言っても過言ではないでしょう。

エジプト(イメージ)
【アムワジ号】

今回利用予定の船。
2014年就航の新しい船で、カテゴリーは[★★★★★デラックス船] となっています。

スタンダードルームは平均24m²で、他のナイルクルーズ船の中でも大きい方です。2~4階がお部屋で最上階にはサンデッキがあり、プールや雄大なナイル川をご覧いただいたり、夜、満天の星を眺めるのも楽しめます。
今回利用するアムワジ号の船内
今回利用するアムワジ号の船内
 
エジプト地図 【エジプト 基本情報】

【飛行時間】
成田→ドーハ(約12時間)
ドーハー→ルクソール(約3時間)
計 約15時間

【気候】
エジプトは理想的な気候と言えます。北部の地中海沿岸地方は、温暖な地中海性気候、ナイル川河口に広がるデルタ地帯はステップ気候、その他国土の大部分は雨がほとんど降らない砂漠気候です。
年間を通じて1日平均8時間、太陽が輝いています。

【服装】
日本ほど寒くはないですが、1月~3月は最低気温が10℃をきるのであたたかい衣類があると安心です。
【時差】
日本との時差は-7時間です。
(例:日本が正午の時、エジプトは午前5時です)

条件からツアーを探す

このページのトップへ