ホーム>きゃらばん写真倶楽部>棚田絶景と少数民族撮影の旅8日間

【ロケバス企画・現地写真家 呉亜民氏と行く】
棚田絶景と少数民族撮影の旅8日間
~田植えの時期に行く!民泊で人々の暮らしに密着!~
~原風景の貴州省~



(※写真は全てイメージです。)

■ツアーのポイント■

天に三日の晴れ間なし、地に三里の平地なし、民に三分の銀もなし』
そう言われるほど貴州省は自然条件が厳しく、農作業は過酷ですが、それゆえに伝統的な農耕文化を保ち続けてきた地の一つと言えます。
貴州省の棚田は雲南省の元陽や広西の龍勝のようには広く知られていませんが、その美しさはこれに劣りません。

今回訪れる5月は丁度棚田にはすべて水が張られ、人々が田植えに励む時期。植えたばかりの苗が淡い緑のじゅうたんになって広がってる景色が瑞々しく眼の前に広がります。
そして今回は知る人ぞ知る、加榜エリアの棚田での撮影にご案内。
村での宿泊により村の人々の朝夕の営みなど、さらにぐぐっと被写体に迫ります!美しい棚田とその自然と共生して生きる素朴な人々との出会いの旅をご案内くださるのは写真家であり、日本語ガイドでもあるお馴染み呉亜民氏。写真愛好家の皆様のお気持ちを理解したご案内で充実の8日間となることでしょう。


~呉亜民氏より旅へのお誘い~
中国西南地域の雲貴高原に隠した加榜と加鳩の棚田は素晴らしい絶景ですが、加えてこの棚田を築き上げた地元の人々は今までも伝統的な稲作農耕文明を守って暮らしています。
それはWTO秘書長のフランシスコ先生から「豊かな生態系に満ち溢れ、歌と踊りが息づく神奇な地域。此処は世界中で一番魅力ある地域」と称賛されたほどです。
ずっと前からご案内させていただきたかったのですが、自動車道路さえもなかったため、どうしてもご案内できませんでした。
やっと最近、車が村に入ることになり、早速田植えの時期に企画しました。
宿泊、食事などまだ不便なところがありますが、伝統的な生活風景を写真にするなら今こそ!
これから交通改善よりこれらの棚田と人々の生活もどんどん変化していきます。
皆様、是非変化する前の今の時期に撮影にお出でください。




■同行講師■

■呉亜民氏

1954年生まれ。大自然の美しさに感動し、様々な民俗風情に興味を持ち日本語ガイドの傍ら1982年から写真を撮り始める。
作品は《NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELER》《中国撮影家》《撮影世界》香港《中国旅遊》など数多くの雑誌に掲載、また2004年秋には東京・銀座にて合同写真展も開催。「中国撮影家協会雲南省分会」会員・「中国芸術撮影学会」会員・「中国民俗撮影協会」修士

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況
2015年5月23日(土曜日)~5月30日(土曜日) 235,000円
募集締切ました。
このページのトップへ

■その他費用■

・別途諸費用

(1)1人部屋希望の際の追加料金:30,000円
(2)空港使用料:【成田(保安料を含む)】2,610円 又は、【羽田】2,670 円
(3)現地空港税:【国際線】1,800円【国内線】1,000円×2回
(4)燃油サーチャージ:7,000円
※空港諸税、燃油サーチャージは、2015年2月現在のものです。変更になる場合がありますのであらかじめご了承下さい。

このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 成田又は羽田(関空発着も手配可能!お問合せ下さい)
航空会社 中国国際航空(CA)、中国東方航空(MU) など
募集人員 限定15名様(最少催行人員10名様)
締め切り 2015年4月24日(金曜日)
添乗員 同行します。
訪問国(都市) 中国・貴州省(黎平・従江・加車・加鳩など)
お得な制度の適用 ※各種割引・サービス適用外コースとなります。
その他  

■予定日程表■

  月日 内容 食事
1 2015年
5月23日
(土曜日)
午後、中国国内経由にて貴陽へ。
【貴陽 泊】
夕:機
2 5月24日
(日曜日)
美しい高要棚田や高近トン族村などを少数民族の生活をスナップ撮影しながら黎平へ。
【黎平 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
3 5月25日
(月曜日)
トン族の村の生活風景や美しい棚田などを撮影しながら従江へ。
【従江 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
4 5月26日
(火曜日)
朝食後、総面積約1万ヘクタールを越える規模の大きな曲線の美しい加榜各地の棚田と村々の人々の生活ぶりを撮影しながら加車へ。
【加車 泊】
朝:○
昼:○
夕:×
5 5月27日
(水曜日)
終日、前日に引き続き知る人ぞ知る、観光化されていない美しい加榜エリアの棚田の撮影。
【加車 泊】
朝:○
昼:○
夕:×
6 5月28日
(木曜日)
棚田風景、人物と村の生活を撮影しながら加鳩へ。
【加鳩 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
7 5月29日
(金曜日)
棚田風景、人物と村の生活を撮影しながら貴陽へ。
【貴陽 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
8 5月30日
(土曜日)
朝食後、空港へ。
中国国内経由帰国の途へ。
朝:○
昼:機
※現地事情や天候により、その時の状況に最適な撮影地にご案内いたします。訪問地等が変更される場合もありますので予めご了承下さい。

■宿泊予定ホテル■

【貴陽】麗豪飯店
【黎平】黎平大酒店
【従江】奥悦酒店
【加車】民宿
【加鳩】民宿
又は各地同等クラスの別のホテル
★今回は撮影を充実させるため加榜エリアに宿泊します。
加榜では民宿での宿泊となり、トイレシャワーはありますが、必ずしもシャワーが使えるとは限りません。
その他施設面で十分でないことがあります。
また人数や部屋タイプのご希望によっては分宿になる可能性もあります。
あらかじめご了承下さい。

■食事■

日程表記載通り

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社 キャラバントラベル
「きゃらばん写真倶楽部」

〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141【ファックス】03-3543-4198
担当:佐々木・沼澤
メールでのお問合せ:sasaki@caravan-travel.co.jp
このページのトップへ