ホーム>きゃらばん写真倶楽部>神々の島 バリ島撮影の旅6日間

【写真家・内田昭良先生と行く】
神々の島 バリ島撮影の旅6日間
 

バリ島の田んぼ
バリ島のジャティルイ棚田 バリ 漁の風景
バリ島 農村の朝 バリ島のジャティルイ棚田
(※写真は全てイメージです。)

■ツアーのポイント■

 神々の島 ― バリ島。
 この島では神の存在が人々の生活に深く入り込み息づいており、神々を敬い、伝統的なスタイルを維持して暮らす人々も多く、町を少し離れれば昔ながらのバリの生活が残るエリアがたくさんあります。
 旅の最初に訪れるバリ島東部のチャンディダサエリア。 トゥガナンにはバリアガと呼ばれるバリ島先住民がバリ・ヒンドゥー教とは全く違う精霊信仰を守って暮らしており、ダブルイカットと呼ばれる独特の織物やアダ籠製品の産地としても有名です。またクサンバでは昔ながらの塩田が広がり、海水を天日で乾かし塩を採るという昔ながらの製塩が行われています。
 またバリ島は土地が肥沃であったことから、古くから農家の人々は朝夕の農作業を済ませるとそれ以外の時間を木工や絵画といった芸術活動にいそしんできており、今もそれぞれの村独自の創作活動を暮らしの営みとして続けている村も数多くあります。

 もちろん人々だけでなく、島の自然の織り成す美しさもバリ島の大きな魅力のひとつです。
 バリ島はその恵まれた気候により3~4期作が行われているため、日本のように時期により共通した農作業を行っているわけではなく、10月上旬では田植え、青々とした田んぼの風景、収穫など様々な農業風景が地区ごとに行われています。
 今回訪問する島南部の山と深い渓谷が連なるジャティルイの丘陵地帯では緩やかな斜面に延々と美しい棚田が広がっています。このジャティルイ棚田は景観の美しさだけでなく独自の「スパック」と呼ばれるヒンドゥー教の哲学に基づいた1000年以上も昔から続く水利システムも評価され2012年に世界遺産に登録されています。

 そしてバリと言えば美しい海、海岸線。
魚市場や海岸でサーフインを楽しむ人々、そしてインド洋に囲まれた岩島の上に佇む「タナロット寺院」また断崖絶壁に立つ「ウルワツ寺院」。海に沈む夕日をバックにシルエットで浮かぶ寺院の姿が荘厳な風景として目の前に広がることでしょう。

 素朴な人々、1000年以上も昔から続く日本の原風景のような棚田、そして美しき海岸。コンパクトな日程の中に豊富な被写体が満載のバリ島撮影の旅。さらに同行くださるのは海岸の撮影を数多く手がけられ、懇切丁寧な指導で人気の内田先生です。この機会をぜひお見逃しなく。皆様のご参加をお待ちしております。

■同行講師■

■内田 昭良(うちだ・あきよし)
北海道生まれ。
東洋大学経済学部中退。日本写真学園営業技術科終了。
商業写真、建築写真、肖像写真を主体に活動するかたわら、アマチュア写真家の指導育成に情熱を注ぐ。
大和地区日中友好協会会員

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況
2014年10月1日(水曜日)~10月6日(月曜日) 249,000円
募集締切ました。
このページのトップへ

■その他費用■

■1人部屋希望の際の追加料金:42,000円
■羽田空港使用料(保安料含む):2670円
■現地空港税:2,200円(20万ルピア)
■燃油サーチャージ:29,000円
■インドネシア査証料:25ドル(手数料不要。当日空港にてUSドルにてお支払願います)
※空港諸税、燃油サーチャージは、2014年6月現在のものです。変更になる場合がありますのであらかじめご了承下さい。

このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 羽田(関空その他空港発着ご希望の方はお問い合わせ下さい) 
航空会社 ガルーダインドネシア航空(GA)など
募集人員 限定15名様(最少催行人員10名様)
締め切り 2014年8月29日(金曜日)
添乗員 同行します。
お得な制度の適用 ※各種割引・サービス適用外コースとなります。
その他  

■予定日程表■

  月日 内容 食事
1 2014年
10月1日
(水曜日)
午前、羽田空港からバリ島・デンパサールへ
到着後、市内レストランにて夕食。
その後、バリ島東部のチャンディダサへ。
【チャンディダサ 泊】
朝:×
昼:×
夕:機
2 10月2日
(木曜日)
早朝、ホテルから朝日の撮影(希望者)
朝食後、バリ原住民の村・トゥガナン村や、塩作りの村・クサンバ、そのほか手工芸の村々などを撮影しながらウブドへ
【ウブド 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
3 10月3日
(金曜日)
早朝、歩いて朝のウブド市場を撮影(希望者)
朝食後、ウブド近郊の村々や世界遺産"ジャティルイの棚田"、バリ島で一番美しいといわれるタマンアユン寺院など撮影
夕景はインド洋に沈む夕日とタナロット寺院を撮影。
その後クタへ
【クタ 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
4 10月4日
(土曜日)
朝食後、ジンバランの魚市場、クタビーチなどで撮影。その後一度ホテルに戻り休憩
午後、ホテル再出発。バリ島のバドゥン半島最南部に位置するウンガサン地区にて撮影
【クタ 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
5 10月5日
(日曜日)
朝食後、ホテル近くのビーチなどにて撮影
撮影後、午後はフリータイム
※昼食は自由食。ご希望の方には添乗員がご案内いたします(実費)
※ホテルは18時までご利用いただけます
夕食後、空港へ
夜、空路にて帰国の途へ
【機中 泊】

朝:○
昼:×
夕:○

6 10月6日
(月曜日)
朝、羽田着 お疲れ様でした 朝:機
昼:×
夕:×
※交通機関、現地事情等また気象条件により内田先生と添乗員が相談し、その時に最適な撮影ポイントにご案内することもあります。日程が変更になる場合がありますので予めご了承下さいませ。

■宿泊予定ホテル■

【チャンディダサ】チャンディダサビーチコテージ
【ウブド】ペルティウィ・リゾート
【クタ】アストンクタ
又は各地同等クラスの別のホテル

■食事■

日程表記載通り

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社 キャラバントラベル
「きゃらばん写真倶楽部」

〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141【ファックス】03-3543-4198
担当:佐々木・沼澤
メールでのお問合せ:sasaki@caravan-travel.co.jp
このページのトップへ