ホーム>きゃらばん写真倶楽部>亜丁の三大雪山と梅里雪山の錦秋

【現地写真家 呉亜民氏と行く】
亜丁の三大雪山と梅里雪山の錦秋
~ラストシャングリラ~

※キャラバンかわら版(2014年 第207号) でご案内した日程が変更になりました。
八塔公園から神女峰
八塔公園から神女峰
稲城の赤草
稲城の赤草
(※写真は全てイメージです。)

■ツアーのポイント■

 南省北西部、四川省南西部、チベット東南―。

 このエリアが接している高原地域は緑豊かな森と湖水に囲まれた桃源郷。ラストシャングリラと呼ばれる地域です。
 雲南省北西部、チベットの人々から聖山と崇められる梅里雪山。
世界で最も美しい雪山といわれる梅里雪山に山麓の人々は毎朝祈りを捧げています。梅里雪山は太子峰、神女峰、五冠神峰などの13の峰からなり、秋から冬はこの峰々が一番美しく姿を現す確率が高い時期です。お泊りのホテルからは梅里雪山の峰々を望むことができ、お天気に恵まれれば早朝神々しいまでに美しい梅里雪山の朝焼けをお部屋からカメラに収めることができます。

 そして、四川省南西部の亜丁自然保護区。ここは、中国の中でも最も完全な形で自然生態系が保存されていると言われています。仙乃日(シュンナリ:6032m)、夏諾多吉(シャルオドジ:5959m)、央邁湧(ヤンマイヨン:5920m)の3つの雪山が「品」の形をつくって聳えるあたりが中心となり、雪山、渓流、草原などが雄大で壮麗な姿を訪れる人々に見せてくれます。亜丁もやはり晴れる日の多い秋の青い空のもと、赤草とポプラの黄葉の色彩の海が広がり、この時期が撮影には最適の季節です。

 もちろんご案内いただくのは現地の撮影ポイントには熟知したおなじみ呉亜民氏。天候に左右されがちなネイチャー撮影も、気象状況によって、その時に最適な撮影場所へご案内していただけます。

 深い谷の連続によって創られた海抜ごとの多彩な植生と風景。壮麗な雪山。このエリアではネイチャーの素晴らしい傑作を作るチャンスに溢れています。ぜひこの機会に秋のラストシャングリラへ。ご参加をお待ちしております。
梅里雪山
梅里雪山

■同行講師■

■呉亜民氏

1954年生まれ。大自然の美しさに感動し、様々な民俗風情に興味を持ち日本語ガイドの傍ら1982年から写真を撮り始める。 作品は《NATIONAL GEOGRAPHIC TRAVELER》《中国撮影家》《撮影世界》香港《中国旅遊》など数多くの雑誌に掲載、また2004年秋には東京・銀座にて合同写真展も開催。「中国撮影家協会雲南省分会」会員・「中国芸術撮影学会」会員・「中国民俗撮影協会」修士

■出発日とご旅行代金■

出発日~帰国日 旅行代金 催行状況
2014年10月13日(月曜日・祝日)~10月20日(月曜日)
※キャラバンかわら版(2014年 第207号) でご案内した日程が変更になりました。
299,000円
募集締切ました。
このページのトップへ

■その他費用■

・別途諸費用

(1)1人部屋希望の際の追加料金:39,000円
(2)空港使用料:【成田(保安料含む)】2,610円
(3)現地空港税:5,400円 (出国税90元・国内空港使用料50元×4回)
(4)燃油サーチャージ:14,000円(国際線) 13,000円(国内線)
※空港諸税、燃油サーチャージは、2014年6月現在のものです。変更になる場合がありますのであらかじめご了承下さい。

このページのトップへ

■旅行条件■

発着地 成田(関空その他空港発着ご希望の方はお問い合わせ下さい)
航空会社 中国東方航空(MU )など
募集人員 限定15名様(最少催行人員10名様)
締め切り 2014年9月12日(金曜日)
添乗員 同行します。
訪問国(都市) 【中国】雲南省(シャングリラ・徳欽)・四川省(得栄・シャングリラ郷[日瓦]・郷城)
お得な制度の適用 ※各種割引・サービス適用外コースとなります。
その他  

■予定日程表■

  月日 内容 食事
1 2014年
10月13日
(月曜日・祝日)
午後、成田発、中国国内空港経由にて昆明へ
昆明到着後、空港中の机場賓館ターミナル別館へご案内します
【昆明 泊】
朝:×
昼:×
夕:機
2 10月14日
(火曜日)
午前のフライトにてシャングリラへ。
到着後、奔子欄(海抜2000m)を経由、高度順応しながら徳欽へ。
途中、金沙江第一湾、白馬雪山の黄葉など撮影
夕方は、梅里雪山の夕景撮影を期待します

※徳欽:海抜3300m
【徳欽 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
3 10月15日
(水曜日)
早朝、客室から梅里雪山の朝焼けをゆっくり自由撮影
朝食後、錦秋の高原の景色を撮影しながら得栄へ

※得栄:海抜2600m
【得栄 泊】
朝:○
昼:○
夕:○
4 10月16日
(木曜日)
朝食後、晴れの日には梅里雪山を臨める無名山峠を越え、ポプラの黄葉や赤草、チベット集落など色拉■(スラバ)風光と言われる稲城の景色を撮影しながら四川省のシャングリラ郷(日瓦)へ

※シャングリラ郷:海抜3000m
(■は土へんに霸)
【シャングリラ郷 泊】
朝:○
昼:○
夕:×
5 10月17日
(金曜日)
朝食後、シャトルバスにて亜丁へ
シャトルバスと電気カートで黄葉に囲まれた三大雪山"仙乃日、夏諾多吉、央邁湧"をゆっくりと撮影します

※今回亜丁自然保護区内は海抜平均約4000mあたりにて撮影予定
【シャングリラ郷 泊】
朝:○
昼:○
夕:×
6 10月18日
(土曜日)
朝食後、郷城へ。
途中、1000m以上もの落差の大きい幽玄な大峡谷を形成する碩曲河や馬熊溝の黄葉を撮影
【郷城  泊】
朝:○
昼:○
夕:○
7 10月19日
(日曜日)
朝食後、大雪山、小雪山など撮影しながら雲南省シャングリラへ。
夜のフライトにて昆明へ
【昆明  泊】
朝:○
昼:○
夕:○
8 10月20日
(月曜日)
国内線にて上海浦東経由、帰国の途へ
お疲れ様でした!
朝:機
昼:×
夕:×
※現地での日程は各国入境後、最終的に決定いたします。現地事情により訪問先など変更される場合もありますので予めご了承下さい。

■宿泊予定ホテル■

【徳欽】観景天堂酒店
【得栄】太陽谷ホテル
【シャングリラ郷】亜丁駅站ホテル
【郷城】徳勒大酒店
【昆明】机場賓館空港別館
又は各地同等クラスの別のホテル

■食事■

日程表記載通り

■旅行企画・実施■

株式会社 キャラバントラベル

■パンフレット請求・お問合せ■

株式会社 キャラバントラベル
「きゃらばん写真倶楽部」

〒104-0061東京都中央区銀座3-11-13 松本銀座ビル4階
【電話】03-3543-4141【ファックス】03-3543-4198
担当:佐々木・沼澤
メールでのお問合せ:sasaki@caravan-travel.co.jp
このページのトップへ